ゲルマニウム温浴

ゲルマニウム温浴のページを説明

新着記事一覧

ゲルマニウム温浴


ゲルマニウム温浴は、ゲルマニウムを含む化合物を溶かした42〜43度の湯に、20分程度手足をつけて体を温めることにより、皮膚から有機ゲルマニウムを浸透させる方法です。 20分間の温浴で2時間分の有酸素運動効果もあるといわれています。これにより、新陳代謝が高まり、普段汗をかきにくい人でもたくさんの汗をかきます。運動が苦手な人でも、手軽にカロリー消費でき、人気があります。

効果としては、血行促進、発汗、冷え性・肩こりの改善、体内の酸素を豊富にする、老廃物を排泄(デトックス)、などがあるといわれています。

手足には、カラダ全体の2/3もの抹消神経が集中ていて、手足を有機ゲルマニウム溶液に約20分ひたすと、体内に大量の酸素を運ぶ有機ゲルマニウムの成分が全身にくまなく循環し、疲労や老化の原因を排出し細胞を活性化して酸性体質や過酸化皮膚体質を改善すると言われています。

このように新陳代謝を活性化させることにより、自然治癒力を高めると共に、体の各器官に活発に働きかけ機能も正常になり美容にも効果を得ることができると感じる人も多いようです。

ゲルマニウムとは、+イオンと-イオンを持つ半導体です。
半導体とは、電気を通したり通さなかったりして電流をコントロールし易いという特徴があります。
ゲルマニウムには有機と無機があります。
無機ゲルマニウムは、 鉱物に含まれる半導体で、主にIC機器や医療器具、最近ではアクセサリーなどに使われています。
有機ゲルマニウムは、漢方薬の原料となる植物(高麗人参・田七人参・クコの実)などに多く含まれています。

スポンサードリンク

Category デトックス

デトックスでココロも体もスッキリ!のゲルマニウム温浴のリンクについて

デトックスでココロも体もスッキリ!のゲルマニウム温浴のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。